10PL(フラクショナルIPL・フラクショナルレーザー)

  • LINE
  • オラクル美容皮膚科の公式インスタグラムページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式ブログページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式ツイッターページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式Facebookページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式YouTubeページへ

10PL(テンピーエル)
【対象院】
札幌院、​新宿院、名古屋院、大阪梅田院、福岡天神院

世界のOracle統括
ノ・ヨンウ医師開発
新技術!フラクショナルIPL

治療が難しかった薄いシミ治療にもおすすめ

このような悩みにおすすめ

  • シミ
  • 薄いシミ
  • そばかす
  • カフェオレ斑
  • 赤み
  • 赤いニキビ跡
  • 肌再生

10PL施術実績
オラクル美容皮膚科全体 2,430件(2023.12月現在)
治療開始日                 
・2022年12月:新宿院            
・2023年1-2月:名古屋院、梅田院、福岡天神院
・2023年5月:札幌院            
治療開始日
・2022年12月:新宿院
・2023年1-2月:名古屋院、梅田院、福岡天神院
・2023年5月:札幌院

【初回限定】
10PL鎮静セット
35,000円(税込)
※目周りを除く全顔(目周りはオプション) ①10PL(テンピーエル)
②鎮静管理(ゴムマスク付き)
治療目的:シミまたは赤ら顔

色素管理パック
1回 99,000円(税込)
①10PL全顔
②ピコトーニング
③CO2レーザー
(ほくろイボ4mm以下5個まで)
④鎮静管理
※色素管理パックは顔のみとなります
※別途、 CO2レーザー麻酔代

日本のスタッフも薄いシミに効果を実感

  • ルメッカもピコレーザーも反応しなかったシミ

  • 今まで何をしても反応しなかったシミが
    瘡蓋になった事に驚き

  • 一度でかなり薄くなり改善が見られました。
    3回治療予定

韓国Oracle 推奨プログラム
コンビ治療→10PL+ピコトーニング

1ヶ月間隔で10PLを3回と「トーニング+美白管理」のプログラムで、色素疾患を治療した際、満足度が高いという実績が多数ございます。

その他の症例はこちら >>

10PL(フラクショナルIPL・フラクショナルレーザー)とは?

Oracle代表のノ・ヨンウ統括院長が開発したフラクショナルIPLレーザーです。
IPLとフラクショナルは、本来別々の技術ですが、10PL(テンピーエル)は、IPLとフラクショナルが1つになった新しいIPL光治療です。

【安全性・権利等】​
・韓国のMFDS(旧KFDA)承認機器
・アメリカのFDA承認機器
 ※MFDS・FDAは日本の厚労省にあたる機関です。

世界初のフラクショナルIPLとして各種特許取得
(特許番号第10-0741686、特許番号第10-0638735号など数種類の特許を取得)
 ※ PCT出願(国際特許出願)され、日本でも保護を受けています。

韓国では3年以上前から治療を開始しており、多数の治療実績、症例がございます。

Oracle皮膚科 チョンダム店
統括院長  ノ・ヨンウ

【資格・所属学会】
皮膚科専門医
大韓皮膚科学会正会員
大韓皮膚科医会正会員
大韓レーザー学会正会員
大韓皮膚美容外科学会正会員

10PL(フラクショナルIPL)の特徴

10PL ルメッカ
  • 薄い細かいシミの治療にも対応
  • カフェオレ斑など治療が難しいシミに対応
  • 熱が格子型のため火傷などのリスクが低い
  • 今までのIPLより治療回数が少ない
  • チップサイズが大きく施術時間が短縮
  • クーリングシステムにより施術中の熱さが少ない
  • ニキビ跡など赤みの治療にも対応

従来のIPL(光治療)の照射面はすべての面が黒く、ここから全部に熱エネルギーが出てお肌に照射していました。
10PLの照射面は格子型(168個のマス目)になっており、格子(フラクショナル)になっている部分の出力面は50%ですが、残りの面の部分も100%照射と同じ効果となります。

100%全面照射の方が効果が高そうに見えますが、実際は50%にしたほうが健康なお肌が残っているため肌再生がより促進し、副作用やリスクが少ないことが分かっています。

10PL(フラクショナルIPL)におすすめの症状

当院のルメッカで反応が難しかった薄い細かいシミにも効果が期待できます。
回数は症状によりますが、薄いシミの治療であればお肌のリジュビネーション効果も含め2~3回前後をおすすめしております。
色素に対しては10PL後にピコトーニングでの維持治療がおすすめです。
カフェオレ斑については遺伝性の場合が多く、他のレーザー治療と同様に再発のリスクがあります。尚、小児のカフェオレ斑治療は行っておりません。

  • 濃いシミ
    薄いシミ
  • そばかす
  • カフェオレ斑
  • 赤ら顔

10PL(フラクショナルIPL)による赤みの治療

590nmの波長を使った赤みの治療も行っております。
10PLの波長は現時点では415、570、590nmの3つの波長を搭載しております。
適応は415nmがニキビと薄いシミ、570nmがシミくすみ、590nmが赤みに適応しており、今後は530nm(シミ)、700nm(脱毛)、830nm(たるみハリ)の波長も追加予定です。
一つのマシンで様々な症状の治療が可能となっています

10PLは3つの波長を搭載

  • 415nm アクネ・薄いシミ
  • 570nm シミくすみ
  • 590nm 赤み

590nmの波長は表皮細胞や毛細血管への働きにより血流の変化を促します。
赤ら顔、毛細血管拡張症などの治療が適応となります。

  • 赤いニキビ跡
  • お顔全体の赤み(赤ら顔)

10PL(テンピーエル)のダウンタイムについて

ダウンタイム
反応した部分が瘡蓋になり10日程度で自然に剥がれます
赤み:3日程度
ひりつき:数日あり

  • 施術前
  • 直後
  • 翌日
  • 5日後
  • 2週間後

スタッフ体感 ※個人差があります
・軽い赤みが1日程度
・数時間から1日かけて反応した箇所が瘡蓋になりました
・瘡蓋は10日程度は残ります。
 (擦らないように上からメイクは可能です。)

熱感やひりつきが強いため、修復力と効果を上げるため鎮静管理とのセットを推奨

10PL(フラクショナルIPL)の症例

【ダウンタイム】
反応した部分が瘡蓋になり10日程度で自然に剥がれます
赤み:3日程度
ひりつき:数日あり
【料金】
目周り以外の顔全体:1回38,500円(税込)
※鎮静管理込み

効果には個人差があります。

10PL(フラクショナルIPL)の症例写真

10PLの施術動画

10PL後のホームケア

施術後は赤み、ひりつきがダウンタイムとしてあります。
反応した部分が浮き上がり瘡蓋になりますので、無理に剥がすなどケアを誤ると色素沈着のリスクが高くなります。
またお肌の回復力を上げるためにホームケアまでをセットにしたリジュビネーション(肌の若返り)ケアで治療の効果も上がり持続します。
韓国のOracleでは様々なスキンタイプ、治療後ケアを目的としてスキンケアを多く開発しております。

色素沈着予防

Dr.Oracle ナイアブライトスポットクリーム
10PL後、瘡蓋が上がったところに塗布

■ナイアシンアミド(5%):肌トーンアップ、キメを整える
■トラネキサム酸、エチルアルコルビルエテル:艶
■アラントイン、緑茶エキス、ツボクサエキス、カモミール花エキス、グリチルリチン酸ジカリム:肌を健康に
■美白、しわ改善機能

【価格】6,400円(税込)
【容量】30ml

肌再生力を上げる

Dr.Oracle レチノタイトニングアンプル
10PL後、翌日~3日後以降お顔全体に塗布(朝晩)

■ヒドロキシピナコロンレチノアート(1,000ppm)
ハリと弾力のあるお肌へ
■アデノシン(0.4%):コラーゲン合成促進、エイジングケア
■ナイアシンアミド(2%):肌トーンアップ、キメを整える
■美白・しわ改善効果

【価格】7,700円(税込)
【容量】50ml

10PL(フラクショナルIPL・フラクショナルレーザー)の料金

施術名 回数 価格
10PL
(テンピーエル)※鎮静管理込み
1回
(目周りを除く)
38,500
オプション 目周り
(涙袋下〜頬骨上)
8,800
色素管理パック​
①10PL
②ピコトーニング​
③CO2レーザー​
(ほくろイボ4mm以下5個まで)​
④鎮静管理​
※別途、麻酔代(CO2レーザー1個につき2,200円)
顔1回 99,000

※価格は全て税込表記です(単位:円)

無料カウンセリング予約,
    ご相談・お問合せもお気軽にどうぞ
  • LINE予約 友達追加で手軽に!
  • 無料カウンセリング予約(メール予約)24時間送信可能!
  • 0120-905-696 9:00~21:00[年中無休]

施術について

施術時間 15分
麻酔 なし
施術経過 施術後反応したシミが一時的に濃くなり、稀に赤みを帯びた状態やかさぶたになる場合がありますが、瘡蓋は10日ほど残ります。
施術サイクル シミ治療であれば1カ月に1回のペースで2~3回がおすすめです。
ダウンタイムについて テープを貼るようなダウンタイムはありません。
施術後~-3日程度、シミに反応した部分が浮き出て瘡蓋になり濃く見えます(メイクで隠せる程度)
その後1週間程度かけて自然に剥がれます。
施術前注意事項 2週間以内に日焼けをされた方
1ヶ月以内にフィラーを受けた方
ニキビのお薬(デュアック・べピオゲル・ディフェリンゲル・アダパレン、トレチノインなど)を1週間以内に使用した方
ロアキュタン内服中または服用中止から1ヶ月経過していない方
他院でレーザー、ダーマペン、ピーリングを4週間以内に受けた方
施術をお受け
いただけない方
・妊娠中またはその可能性のある方
・ケロイド体質の方
・金の糸が入っている方
・施術部位に金属プレート
・ペースメーカー使用の方
・糖尿病や治療中疾患のある方
・光感受性を高める薬を内服、外用している方
施術後注意事項 ・洗顔、お化粧は当日から可能です。
・洗顔時は優しくお肌をこすらないようにしてください
・治療後の肌は紫外線の影響を受けやすいため、必ず日焼け止めを使用し、紫外線対策をしっかり行ってください。
・反応した所を無理に剥がすと色素沈着してしまう可能性がございますので、自然に剥がれ落ちるまでお待ちください。

10PLの治療の流れ

  • 1、洗顔
    1洗顔(顔施術のみ)

    診察の際に肌状態がしっかり分かるように洗顔からご案内させていただきます。
    当院ではメディカルエステで使用する、専門の洗顔料、クレンジング料をご用意しております。

  • 2、専門医による診察
    2専門医による診察

    患者さまのご希望を伺った上で、適切かつ効果的な治療プランをご提案致します。
    その際に、ご予算や通院回数、術後の経過などについてもご説明しますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

  • 3、写真撮影
    3写真撮影

    当院では一人ひとりの治療開始からの経過を追って、最善の効果を得るサポートさせていただくために、毎回施術前の写真を撮り、肌状態を記録させていただきます。
    ※患者さまご自身にも変化を感じていただく為です。
    ※撮影した写真は個人情報として厳重に取扱いますので、ご安心ください。

  • 4、施術
    4施術(15分目安)

    10PLは個室レーザー室にて行います。
    10PLは麻酔をせずに行います。ジェルを塗布し、お顔に照射いたします。
    施術後はテープを貼る必要はありません。

  • 5、鎮静管理
    5鎮静管理

    10PL後は熱がこもり、ひりつきが残ります。そのため効果を上げダウンタイムを軽減するためにオプションになりますが鎮静管理を推奨しております

  • 6、終了
    6終了

    当院ではアフターケアも含め、一人ひとりの患者さまに適切なトータルケアアドバイスを行っております。
    しっかりと治療効果を出すためには、適切なアフターケアが重要です。
    施術後に何か気になることがございましたら、電話またはメールでお気軽にご相談ください。

10PLのよくある質問-副作用・ダウンタイムなど

準備中

10PLに関する施術はこちら

シルファームX

極細の針を皮膚に刺し(マイクロニードル)、さらに高周波(RF)でお肌の深部に熱を加え、表皮の入れ替えとお肌の内部の改善を一つのマシンで行える最新の機器です。

【このような悩みにおすすめ】
赤ら顔・酒さ・肝斑・毛穴・引締め・ニキビ跡
詳しくはこちら

メソナJ(ニキビ撃退コース)

メソナJはエレクトロポレーション法によりお肌に小さな穴をあけてニキビ治療に有効な成分を直接お肌に導入します。
穴は目に見えないほどのものですぐに閉じるため痕が残ることはありません。また痛みもなく施術できるため痛みに弱い方にはとてもおすすめです。

【このような悩みにおすすめ】
ニキビ・毛穴の開き・美白
詳しくはこちら

美白管理

ホームケアでは難しい肌の奥深くまで、トラネキサム酸や高濃度ビタミンCを浸透します。
直後から明るい肌へトーンアップ。

【このような悩みにおすすめ】
シミ・くすみ・ニキビ跡・肌トーン・赤み
詳しくはこちら

この記事の監修医師​

院長
オラクル美容皮膚科 院長 古市 雅子
経歴
2004年3月 東海大学 医学部 卒業
2006年3月 東海大学医学部附属病院 臨床研修 終了
2006年4月 東海大学医学部附属病院 麻酔科医勤務(標榜医取得)
その後、美容皮膚科にて院長などを歴任
2017年4月 オラクル美容皮膚科 東京新宿院 院長を務める
所属学会
日本抗加齢医学会
日本美容皮膚科学会
医師紹介はこちら

オラクル美容皮膚科では、2018年6月1日に施行された医療 広告ガイドラインを受け、症例写真の掲載時には、該当の 症例施術の内容・施術の説明・料金・リスクやダウンタイ ムの記載を徹底するようホームページを全面的に修正して おります。

当院の医療広告ガイドラインにおける取り組み