治療で毛穴を消す

多くの方を悩ませる毛穴の問題。悩みが深刻な方が、洗顔はもちろん、顔の筋肉のエクササイズ、運動による新陳代謝の改善など、いろいろな方法を試したけれど改善できないという場合に、専門の医療機関で「毛穴の治療」を受けるという選択肢もあります。
ここではその医療機関での毛穴の治療について解説していきます。

毛穴

毛穴:消す:治療

医療機関での毛穴の治療とは?

深刻な毛穴の悩みを解決させたい場合には、セルフケアより医療機関での治療が適切な場合もあります。

1.皮膚疾患がある場合

毛穴がニキビなど何らかの皮膚疾患に基づいている場合は、まず皮膚疾患の治療を行います。たとえば、「面皰圧出術」というニキビの内容物を押し出すことによってニキビの治りを早くする治療や、ニキビ・吹き出物の改善に役立つビタミン、漢方薬、抗生物質といった飲み薬の処方、または局所に塗布する軟膏などの処方があげられます。このような治療や処方を受けることから始まります。

2.その他の治療

健康保険の適用外ですが、医療機関での毛穴の治療は、

  • ・レーザーによって肌にハリを持たせ、毛穴を引き締める方法
  • ・ケミカルピーリング
  • ・高周波(ラジオ波)で皮膚の深部に熱を加える方法

などがあります。

毛穴の治療を医療機関で受けるメリットとは?

たとえば、ご自身で収れん化粧水を用いたり、サプリメントを使用したりして毛穴の引き締めを図るよりも、確実性があり早く結果が得られる治療が期待できるでしょう。セルフケアをしばらく試してみたけれども思うような効果が上がらなかったという方には特に医療機関での治療はおすすめです。

熟練した皮膚科医のもとで治療を行うメリットをまとめると、

  • 1.安全性が高い
  • 2.侵襲性の高い治療が受けられる
  • 3.早く、効果的な結果がでやすい

などのことがあげられるでしょう。

具体的には、

  • ・ケミカルピーリングで最適の濃度のものが使える
  • ・しっかり知識と技術のある方のもとで、侵襲性の高いレーザー治療を行える

というように、最適な治療を受けることができます。また、発赤や発疹、かぶれやアレルギーなど、思わぬ副作用が起こってしまった場合にも、早急に適切な対応を行ってもらえるという安心感があります。

毛穴の治療を病院で受けるデメリットは?

では反対に、医療機関で毛穴に関する治療を受けることのデメリットはないのでしょうか。 具体的には以下のようなことがあげられます。

1.予約をとって通院する負担

仕事をしていたり家庭をお持ちであったりすると、なかなか自分のためのまとまった時間が取れないため、診察・治療・アフターケアと、何度も通院の必要があることが多い医療機関での治療は、時間的に難しいというケースもあるでしょう。

2.費用の負担

特に、ニキビなどの症状がない毛穴に関して、多くは自由診療になりますので、費用が高額になってしまう場合があります。

まとめ

まとめ

医療機関での毛穴の治療は、高い効果が期待できる反面、治療に費やす時間や費用の負担がハードルになることが多いといえるでしょう。毛穴の治療を希望する方は、それぞれ治療に求めるものが少しずつ異なるとは思いますし、医療機関の形態によって、それぞれアプローチの方法や費用がさまざまです。
想定しうるメリット・デメリット、アフターケアの方法なども含め、事前診察の中で必ず医師にしっかり確認し、きちんとご自身で納得した上で契約・治療開始することが大切です。

この記事の監修医師

院長
オラクル美容皮膚科 院長 古市 雅子
経歴
2004年3月 東海大学 医学部 卒業
2006年3月 東海大学医学部附属病院 臨床研修 終了
2006年4月 東海大学医学部附属病院 麻酔科医勤務(標榜医取得)
その後、美容皮膚科にて院長などを歴任
2017年4月 オラクル美容皮膚科 東京新宿院 院長を務める
所属学会
日本抗加齢医学会
日本美容皮膚科学会
医師紹介はこちら

関連する施術はこちら

セルフケアでは得られない!「美容皮膚科」の毛穴治療。すぐに効果を実感したい方は「オラクル美容皮膚科」へご相談ください。

美容皮膚科で美肌治療をお考えの方

オラクル美容皮膚科は、カスタム美容治療プログラムを提供する美容皮膚科です

pagetop