レーザートーニングでの肝斑治療

シミに悩む皆さんの強い味方であるレーザー治療。その確かな効果と即効性から、ほかの方法ではなかなか消えないシミの切り札的な存在でもあります。しかし、30代から50代の女性に多い、女性ホルモンが関連するシミと考えられている「肝斑」には、最近までレーザー治療は禁忌と考えられてきました。

スキンクリニック研究室 > 肝斑の記事一覧 > 肝斑治療 > レーザートーニングでの肝斑治療
肝斑

シミ治療の救世主!? レーザートーニングという治療方法について

目次

なぜ最近まで、肝斑にレーザー治療はよくないとされてきたか

他のタイプのシミには極めて有効とされるレーザーが、肝斑に関してはなぜ有効ではない、むしろ逆効果とされてきたかというと、肝斑に一般的なレーザーを用いて強い刺激を与えると、そのために却って濃くなってしまう、という現象がみられるためです。
そのため、これまで肝斑の治療はトラネキサム酸などの内服による治療と、また外用薬による治療を気長に行うことが主流であり、顔に左右対称に比較的広範囲に現れる気になるシミでありながら、決定的な治療法にかけ、難しいシミとされてきました。

肝斑に有効なレーザー治療とはどのようなものですか?

ところが最近になって、今迄のレーザー機器のように高出力で強い刺激を与えるのではなく、非常に弱い出力で、平面的に広範囲にレーザー光を照射し、肝斑のようなデリケートなシミにも刺激を出来るだけ与えないように、肝斑の部分に沈着してしまっているメラニン色素を、時間をかけて少しずつ薄くしていくことが出来る機器が開発され、使用されるようになりました。

このことにより、肝斑に存在しちょっと刺激を与えすぎるとすぐにメラニンを作り出してしまうメラノサイトという細胞を興奮させることもなく、安全に肝斑を薄くすることが出来るようになっています。このような技術は、「レーザートーニング」といわれます。技術の進歩というのはすごいものですね。

肝斑のレーザー治療を受ける点での注意点は?

まず、顔のシミが肝斑であることがはっきりしていて、レーザートーニングによる治療を受けることを希望するのであれば、まず、レーザートーニングが行える機器を所有している皮膚科を探すことになります。一般のシミのレーザーと異なる、やや特殊なものなので、受診前に確認しておいたほうが良いでしょう。

通常、保険のつかえない自由診療になりますので、治療前に金額を確認しておくことものちのちのトラブルを避けるためにも重要なことです。また、数回にわたって治療を受ける場合、治療期間中は特に紫外線にお肌が敏感な状態になっていますから、生活状況に応じた適切な紫外線カット効果のある日焼け止めを塗ること、また、もしできるなら、日焼け止めを塗るだけでなく、日傘やつばの広い帽子なども併用して、積極的に紫外線対策を行うことが大切です。

せっかく時間とお金をかけて、肝斑のレーザー治療を受けるのですから、施術後はもう肝斑やほかのシミに悩まされないように、しっかり自宅でもケアしていきましょう。

まとめ

まとめ

肝斑が長い間あってなかなか治らないという方にとって、レーザー治療できれいになる可能性があるというのは、とてもうれしいニュースではないかと思います。
肝斑は30代以降の女性にできやすいことから、ともすれば老けたイメージになってしまったり、範囲もポツンとできるのではなくもやもやと広がることからなかなかコンシーラーなどでもカバーしにくいといったことも考え合わせると、新しい特殊なレーザーによる治療、大いに検討してみる価値がありそうですね。ただ、肝斑は、女性ホルモンが関連するシミと考えられていることから閉経後は薄くなることがあることも知られていますので、閉経が近いと思われる方はもう少し様子を見ても良いのかもしれません。

この記事の監修医師

院長
オラクル美容皮膚科 院長 古市 雅子
経歴
2004年3月 東海大学 医学部 卒業
2006年3月 東海大学医学部附属病院 臨床研修 終了
2006年4月 東海大学医学部附属病院 麻酔科医勤務(標榜医取得)
その後、美容皮膚科にて院長などを歴任
2017年4月 オラクル美容皮膚科 東京新宿院 院長を務める
所属学会
日本抗加齢医学会
日本美容皮膚科学会
医師紹介はこちら

関連する施術はこちら

セルフケアでは得られない!「美容皮膚科」の肝斑治療。すぐに効果を実感したい方は「オラクル美容皮膚科」へご相談ください。

美容皮膚科で美肌治療をお考えの方

オラクル美容皮膚科は、カスタム美容治療プログラムを提供する美容皮膚科です

pagetop