紫外線対策でそばかす治療

そばかすが出来やすいかどうかは、もともとの肌色や体質によっても異なりますが、大人になって初めてそばかすが出来たり、昔からあったそばかすが最近になって濃くなってきた…といった場合、それはやはり何らかのケアをするタイミングなのではないでしょうか。

そばかす

そばかすの治療、紫外線

どうして大人になってから急にそばかすができるの?

思春期以降に消えていくことの多い、色白などの遺伝的な要因の強いお子さんのそばかすと異なり、大人のそばかすにはそれなりの原因があります。そのうち、大人になってから後天的にそばかすが出来る原因の代表的なものとして、紫外線とお肌の新陳代謝ともいえる、ターンオーバーの乱れがあげられます。

そばかすも、細かく散らばってはいるものの、ほかの多くのシミと同じように、メラニン色素の沈着によって起きるものです。そう考えると、そばかすが出来る原因に。紫外線やお肌のターンオーバーが深くかかわっているのは、いわば当然のことのようにも思われますね。

そばかす予防のために紫外線対策をすることのメリット

紫外線対策をせずお肌に多くの紫外線が当たると、ご経験があるように「日焼け」をしてしまいます。この紫外線について少し細かく見てみましょう。

紫外線にはUVAとUVBの二種類があり、UVAは紫外線全体の95%を占め、簡単に言うと真皮まで達して、しわを引きおこしたり、メラノサイトを活性化させたりすることが知られています。UVBは皮膚のより表面に炎症トラブルを起こすと考えられています。UVAもUVB も、どちらもそばかすの生成にはかかわりますので、しっかり紫外線ケアをすることが大切です。

夏が近づくと、あわてて紫外線ケアを始める方が時々いらっしゃいますが、春先から、また天気は曇っていても紫外線は降り注いでいます。お肌への負担も考えて、むやみに効果の強い日焼け止めを塗るのではなく、自分の生活状況に適した日焼け止めを選び、こまめに塗りなおすことが大切です。また、特にUVAは窓ガラスも透過するといわれていますので、「今日は一日外に出ないからいいや」と思うのではなく、朝起きたらまず、日焼け対策をしっかりして一日を始める習慣をつけましょう。

そばかすケアのために紫外線を防ぐ方法

もちろん、そばかすを予防したりこれ以上刺激を与えて色を濃くしたり増やさないために、紫外線対策は非常に大切なことです。もちろん、日焼け止めを欠かさず塗ることは基本として大切ですが、それ以外にも物理的に紫外線を防ぐ対策をすることでより効果的にお肌を守り、そばかすをできにくくすることが出来ます。

例えば、日常生活上の外出、買い物や通勤などは出来るだけ帽子やスカーフ、サングラスなどで肌を日光に当てないようにしすることが大切です。可能なら、風通しの良い長袖を着用するようにするのもいいですね。出来るだけ日陰を歩いたり、最も日差しの強い時間は外出を控えるなども、効果的な方法です。

まとめ

まとめ

そばかすを増やしたり、これ以上濃くしないためにも紫外線対策は大切なことですが、それ以外にお肌の老化を防いだり、皮膚のがんなどを予防するためにも紫外線ケアは大切なものです。夏は開放的になって、時にビーチで水着になることもあるかと思いますし、それもストレス解消などの観点から決して悪いことではありませんが、ハリのある素肌を出来るだけ長く楽しむためにも、日焼け対策はしっかりと。今は日焼けしたように肌を小麦色に見せる化粧品などもいろいろ出ていますから、そういったものもうまく利用しながら、お肌に優しくあたたかい季節を楽しんでくださいね。

この記事の監修医師

院長
オラクル美容皮膚科 院長 古市 雅子
経歴
2004年3月 東海大学 医学部 卒業
2006年3月 東海大学医学部附属病院 臨床研修 終了
2006年4月 東海大学医学部附属病院 麻酔科医勤務(標榜医取得)
その後、美容皮膚科にて院長などを歴任
2017年4月 オラクル美容皮膚科 東京新宿院 院長を務める
所属学会
日本抗加齢医学会
日本美容皮膚科学会
医師紹介はこちら

関連する施術はこちら

セルフケアでは得られない!「美容皮膚科」のそばかす治療。すぐに効果を実感したい方は「オラクル美容皮膚科」へご相談ください。

美容皮膚科で美肌治療をお考えの方

オラクル美容皮膚科は、カスタム美容治療プログラムを提供する美容皮膚科です

pagetop