飲む日焼け止め ~時代は内側からUV対策~

  • オラクル美容皮膚科の公式インスタグラムページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式ブログページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式ツイッターページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式Facebookページへ
  • オラクル美容皮膚科の公式YouTubeページへ

飲む日焼け止め ~時代は内側からUV対策~

飲む日焼け止め ~時代は内側からUV対策~

飲む日焼け止め ~時代は内側からUV対策~とは?

飲む日焼け止めって?

「飲む日焼け止め」は体の内側から日焼けを防ぐサプリメントのことです。もともとは、色素が薄く紫外線に弱い欧米人向けに開発され、海外では昔からクリニックでも利用されてきました。2016年ごろから日本人向けの商品が発売されると、SNSを中心にネットでも注目され日本でも一気に知られるようになりました。
芸能人やモデル、美意識の高い人を中心に、紫外線対策の常識になりつつあります。飲む日焼け止めとはそもそもどのようなものなのか、メリットや飲み方の注意点、副作用について紹介します。

体の内側から日焼けを防ぐってどういうこと?

「日焼け」というと、強い日差しによって肌の表面が焦げるようなイメージがあるかもしれませんね。厳密には、紫外線によって肌細胞が破壊されるのを防ぐ防御反応といえます。紫外線が肌に当たると、細胞内では「活性酸素」が発生します。活性酸素は、表皮の一番下の層にあるメラノサイトに働きかけて、メラニン色素を発生させ肌を黒く変化させます。そのメラニン色素が過剰に発生するとシミになって残ってしまうことも。
日焼けする前に「飲む日焼け止め」を飲んでおくことで、活性酸素の発生を抑える効果が期待できます。活性酸素の過剰生成が抑えられることで、日焼けによるシミをはじめ、「光老化」を防ぐことができるのです。

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めによる日焼け対策は、サプリを飲むだけ。とてもラクなので習慣化しやすいのが大きなメリットです。塗るタイプの日焼け止めの場合、たっぷり塗らなければ効果は弱く、数時間ごとに塗り直しの必要があり、さらに塗りムラや塗り忘れの心配もあります。汗をかく真夏は、ベタベタして不快感もありますよね。肌が弱い人にとっては肌への負担も大きいのが悩みです。飲む日焼け止めなら、このようなストレスはありません。全身に効果があるので、頭皮や髪の毛、目や爪など、日焼け止めを塗れない箇所の紫外線対策もできます。ちなみに日焼け前だけでなく日焼け後に飲んでも効果があるのでうっかり飲み忘れても安心ですね。

飲み方の注意点や副作用

ただし、飲んだその日から効果が実感できるわけではありません。飲みはじめてから効果が実感できるまでは、早い方で3週間、通常は2ヶ月~3ヶ月ほどかかるとされています。その間毎日決められた量を飲み続ける必要がありますので、塗る日焼け止めに比べると時間とお金がかかる点に注意しましょう。紫外線が本格的に強くなる数ヶ月前から飲み始めることが大切です。医薬品ではなくサプリメントなので、副作用は特にありません。しかし、植物性由来成分を使用しているので、食物アレルギーのある方は成分に注意して飲むようにしましょう。

【用語辞典】

活性酸素

紫外線以外にも喫煙やストレス、油の多い食事などによって細胞内で発生する物質。活性酸素が過剰に発生すると、細胞にダメージを与え「老化」を引き起こす一大要因になる。

メラノサイト

表皮の基底層にあり、メラニン色素を生成する色素細胞。メラニン色素は紫外線による体細胞の損傷を防ぐ機能をもつ。

光老化

紫外線を長年浴び続けることで引き起こされる、肌のシワ、シミ、たるみなどの皮膚の変化のこと。加齢による老化とは異なり、紫外線を浴びた量に比例する。