夏の紫外線によるくすみ

お肌のくすみは、女性にとっての大きな悩みの一つですね。肌がくすんでいると、顔色が悪く見えてしまったり、老けて見えてしまうこともあります。
今回は、そんなくすみの原因となる夏の紫外線や、くすみの対策についてお伝えしたいと思います。

くすみ

夏の紫外線によるお肌のくすみ対策は?

紫外線によって作られるメラニンがくすみの原因

肌のくすみの原因は様々ですが、原因の一つとして大きいのが紫外線です。
紫外線はしみやそばかすの原因となることはよく知られていると思いますが、肌のくすみも、しみやそばかすのように、肌が紫外線にさらされることによって作られるメラニンが原因となります。
紫外線に肌がさらされると、メラノサイトやメラニン細胞と呼ばれる、色素を作る細胞が刺激されます。この刺激によってしみやソバカス、くすみの元となる黒っぽいメラニンが作られます。

紫外線を浴びすぎるとターンオーバーがうまくいかない?

一般的に、肌はおよそ28日の周期で、ターンオーバーという仕組みで新しくなっています。ターンオーバーは、表皮細胞が日々新しくでき、代謝活動をしながら表の方へ押し上げられていき、やがて平べったい角質となり、皮膚の外からバリアーとして働き、やがて垢となって剥がれ落ちていく様子のことです。

普通はメラニンが作られても、表皮が角質となって剥がれ落ちるときに、メラニンも一緒に出されます。しかし、夏の紫外線など、強い紫外線をたくさんあびてしまうことによって、メラニンが必要以上に作られてしまうと、うまく外に出されずに、肌にメラニンが残ってしまいます。そのため、肌が黒っぽくくすんでしまうのです。

紫外線によるくすみを防ぐための対策は?

紫外線によって起こる肌のくすみを防ぐためには、まずは夏の紫外線を避けることが大切となります。

  • ・日焼け止めクリームをしっかりと塗る
  • ・外出の際は日傘をさしたり帽子を被ったりする

などの対策を行うことが必要となります。
また、紫外線をあびると肌は乾燥し、乾燥もまたくすみの原因となります。汗をかきやすい夏は、冬と違い、ついつい保湿を怠りがちになりますが、紫外線とともに冷房によっても乾燥が起こりやすくなっています。しっかりと保湿をすることでくすみを防ぎましょう。

まとめ

まとめ

紫外線によってできてしまったメラニンの排出をうながすためにも、正常なターンオーバーがしっかりと行われるように、ストレスをためず、しっかりと睡眠をとるなどの基本的な生活習慣を整えることも大切です。うっかり紫外線を多く浴びてしまった時や、できてしまったくすみに対しては、美白効果のあるスキンケアなどで対策するのもいいですね。
お肌のくすみの大きな原因となる夏の紫外線について知識を持ち、対策を行うことで、若々しく、透明感のあるくすみのない肌を保つようにしましょう。

セルフケアでは得られない!「美容皮膚科」のくすみ治療。すぐに効果を実感したい方は「オラクル美容皮膚科」へご相談ください。

美容皮膚科で美肌治療をお考えの方

オラクル美容皮膚科は、カスタム美容治療プログラムを提供する美容皮膚科です

pagetop